スイスの言語について|4つの公用語の割合・分布・英語は通じる?

Copyright by: ENGADIN St. Moritz

スイスほど多言語な国家は他にあるでしょうか?

スイスでは4つの公用語「ドイツ語」「イタリア語」「フランス語」「ロマンシュ語」が話されています。

同じスイス国内でも、出身地域によって話される言語が違うという不思議な国なのです。

列車のアナウンスも地域によって順番が変わります。ドイツ語圏の地域であれば、一番にドイツ語のアナウンスが流れ、次にフランス語、イタリア語と続くなど。また観光地では英語のアナウンスが流れることもあります。

観光立国であるスイスでは、英語はもちろん話されていて、主要な都市・観光地ではどこでも英語でやり取り可能です。もはや4言語もあって面倒なのか、スイス人同士でも異なる言語圏の人とコミュニケーションを取るのに「英語」を使うことが多くなっているのだとか。

今回は、これからスイス旅行する人の事前知識として、スイスの言語の話されている割合・分布や、英語がどのくらい通じるのかなど気になる部分について紹介します。

タップできる目次

スイスの言語の割合|どの言語が一番話されている?

ads

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる